アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    サザエさんがお魚くわえたどら猫を追いかけた理由

    サザエさんの主題歌について少し考察してみたいと思います。

    お魚くわえたどら猫 追っかけて
    裸足でかけてく 陽気なサザエさん
    みんなが笑ってる お日さまも笑ってる
    ルールルルルールー 今日もいい天気

    この歌の中で1番謎なのが、
    なぜサザエさんは、お魚くわえたどら猫を追いかけたのかということ。

    例え、どら猫に追いついてお魚を取り返せたとしても、
    そんなどら猫にくわえられたお魚は誰も食べたくないはず。
    そう考えるとサザエさんの行動は非常に不合理としか言いようがない。

    しかも、サザエさんは裸足である。
    裸足でどら猫を追いかけるなど、正気の沙汰とは思えない。
    最早、陽気なサザエさんではなく、狂気のサザエさんだ。

    サザエさんがどのような思考プロセスによって、そのような直情的な行動に及んだのか。
    ここで、サザエさんって陽気な人だなぁ、と一笑に付してしまうのは容易である。
    しかし本当にそれでよいのだろうか。
    国民的アイドルであるサザエさんのことを
    我々はもっと理解する必要があるのではないだろうか。

    そこで僕は想像力を巡らせてみた。

    まず、サザエさんは裸足でどら猫を追いかけたという点。
    このことから、サザエさんは屋内にいたと考えられる。
    そして、どら猫がお魚を盗めるということは、
    お魚が盗まれた現場は、かなり開放的な空間であったと考えられる。
    つまり、お魚が盗まれた場所は、
    サザエさん宅の庭先あるいは縁側なのではないだろうか。

    そしてやはり重要なのが、サザエさんはなぜどら猫を追いかけたのかという点。
    僕の個人的な願いとして、
    サザエさんがどら猫の虐待を目的としていたのではないと信じたい。
    虐待が目的でないとすれば、やはり目的はお魚の奪還だろう。
    しかし、先にも述べたように、
    どら猫がくわえたお魚なんて、誰も食べたくはないはず。

    と思い込んでいたのだが。

    唯一、そんなお魚でも食べられる存在がいることに気付いたのだ。

    彼の存在を想定することで、
    事件が庭先あるいは縁側で起こったこと、
    サザエさんがどら猫を追いかけたことなど、
    すべての辻褄が合う。

    もうおわかりでしょうか。

    盗まれたお魚は、タマのお魚だったのです。

    タマの食事を庭先あるいは縁側にサザエさんは置きました。
    そこにどら猫がやってきて、タマのお魚をくすねていきました。
    それを目撃したサザエさんはびっくり!
    タマへのペット愛から、お魚を奪還すべく、どら猫を追いかけたというわけです。

    どら猫を追いかけた理由、それは愛だった。

    サザエさん、あなたはやはり、国民的アイドルです。


    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーサイト

    久々更新

    半年くらい更新していなかったので、
    ぼちぼち更新していこうかなと思います。
    もうちょっと記事の数や記事の種類を充実させたいですね。

    Twitetrとの連携も始めたので、
    いろいろ面白いことができたらいいなと思います。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    1000アクセス達成!

    1000アクセスいきました!

    ありがとうございます!

    ブログもなんとか様になってきて嬉しいです。

    もはや趣味の1つになりました。

    表現するというのはいいもんですね。

    これからも更新していきます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    水色の空

    水色の空という表現には違和感がある。

    空の色が水に反射して青く見えるだけで、
    水がもともと青いわけではないから。

    空色の空であって、それはただ空の色だということ。

    しかし空色という表現にも違和感がある。

    空は常に青いわけではないから。

    雲がある日、雨が降る日は空は白く見える。
    夜の空は黒く見える。
    時間にしてみれば空は白黒として認識される時間の方が長い。

    それにもかかわらず、空は青いものだと認識されているのは何故なのか。
    それほど空の青が人間にとって魅力的であり印象的なのだろう。

    事実とは異なる認識。

    まさに空虚な話。

    Top|Next »

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。