アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    100gの価格が約7兆円の物質がある。

    その名もカリホルニウム。

    以下、ウィキペディアから転載。


    カリホルニウム(Californium)は原子番号98の元素。
    元素記号はCf。
    アクチノイド元素の一つ。
    超ウラン元素でもある。
    比重は、15.1、融点は900℃である。
    安定同位体は存在しない。
    物理的、化学的性質も不明な部分が多い。
    原子価は3価。

    いくつかの同位体が発見されているが、
    最も半減期が長いのはカリホルニウム251で898年である。
    原子炉内でウラン235が中性子の捕獲を繰り返して出来るカリホルニウム252は、
    半減期が2.65年である。
    このカリホルニウム252は、自発核分裂(平均3.8個の中性子を出す)するので、
    中性子線源や、非破壊検査、その他研究用に使用される。
    カリホルニウム252は原子炉建設後、最初の中性子源として利用される。
    必要量はμg単位にすぎない。
    しかしながら、仮に100gの価格を単純に計算すると約7兆円になる。

    1949年、カリフォルニア大学バークレー校の
    グレン・シーボーグ(G.T.Seaborg)、トンプソン(G.Thompson)、ギオルソ(A.Ghiorso)らが、
    キュリウム242にサイクロトロンで35×106電子ボルトに加速したアルファ粒子をぶつけて
    カリホルニウム245(半減期45分)を発見した。
    元素名は、地名であるカリフォルニア(米国)、及びカリフォルニア大学に由来する。
    そのため「カリフォルニウム」と日本語表記されることもあるが、
    学術用語集で定められた日本語表記は「カリホルニウム」である。

    原子爆弾にカリホルニウムを使用した場合、
    非常に小型化できる可能性が高いため研究されていた。
    サイエンス・フィクションなどで、個人が持ち運びできるものとして描写されている。
    『科学忍者隊ガッチャマン』
    - カリホルニウムを使用した「ペンダント爆弾」(原子爆弾の10分の1の威力がある)が登場する。
    『トップをねらえ!』
    - 人型機動兵器のマシン兵器の搭載爆弾として登場。
    『人狼戦線』(平井和正)
    - 小銃から発射する核銃弾として登場。
    『タイム・トルーパー』(小林源文)
    - 携行戦術核の様な形で登場。
    『エレメントハンター』
    - ネオQEXの動力源として登場。


    ひょえー。


    リンク
     カリホルニウム 記事一覧
     カリホルニウム - Wikipedia

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    Twitterボタン

    スポンサーサイト

    バナナの種

    バナナには種のある品種とない品種があり、

    種のない品種は紀元前5000年頃に突然変異で生まれたとされている。

    普段、日本人が食べているバナナは種のない品種であり、

    輪切りにした時に中心付近に見える黒い粒々が種の名残。

    種のある品種は主にマレーシアに生息し、

    現地の人達に食されている。

    種のない品種でも、茎の脇から出てくる新芽から育てることができるので、

    食用バナナは主に新芽から栽培されており、

    家庭用のバナナ栽培キットも販売されている。


    リンク
      雑学 記事一覧

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    ピンキリの語源

    「ピン」はポルトガル語で「点」を意味する「pinta」に由来し、
    サイコロやカルタの目の「一」を表すようになり、
    それが転じて「初め」「最上」の意味になった。

    「キリ」はポルトガル語で「十字架」を意味する「cruz」に由来し、
    「十」を表すようになり、「終わり」「最低」の意味になったとする説と、
    「限り」を意味する「切り」に由来するという説がある。

    ピンが良いもの、キリが悪いもの。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ブラッククリスマス

    クリスマスのときに靴下を吊るすようになったのは、

    二コラウスという心優しいおじさんが、

    貧しい姉妹の住む家の煙突にお金を投げ込んであげたら、

    暖炉の上に干してあった靴下にそのお金が入った、という話が由来らしい。

    同情したから金をやった、みたいな。

    夢があるようなないような微妙な話。

    けどさ。

    靴下干してなかったら、暖炉にお金がダイレクトインだぜ?

    お金が黒こげだよ。

    さらに姉妹が暖炉の火で温まっている最中だったら、

    お金が落ちた拍子に、暖炉の灰やら火の粉やらが舞っちゃうぜ?

    それ目に入ったら失明しちゃうよ。

    いろんな意味でお先真っ暗だよ。

    ホワイトクリスマスならぬ、ブラッククリスマスだな。

    コブクロって実は

    コブクロは

    実は、

    コ・ブクロではなく

    コブ・クロであると。

    小渕と黒田の略。

    プチ衝撃でした。

    このとき思ったのは、

    プチ衝撃ってなんだよってこと。

    プチだったら衝撃じゃねーだろっていう。

    もうほんとどうでもいい。


    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。