アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    イニシエーション・ラブ / 乾くるみ

    かなりの問題作。
    読んでる最中はなんの面白味もないけれど、
    最後の2行でガラリと様変わりする。

    2回読みたくなるという煽りも確かに頷けるけれど、
    それはストーリーが面白いからもう1度読みたくなるのではなく、
    2回読まないと面白さが分からないからだと言える。

    それは、この小説の構成自体は非常に巧みで面白いと断言できるけれど、
    その面白さが1回読んだだけでは把握しきれないからだと言える。

    つまりは、面白い小説が必ずしも面白いとは思えないという問題であり、
    面白さの分からない小説を面白い小説と評して良いのだろうかという疑問であると言える。

    自分の感想としては、構成の素晴らしさは認めるけれど、
    あまり面白い小説だとは思えないというのが率直な意見。

    それは、小説の面白さというものは、話の筋だけにあるのではなく、
    一文一文の表現の中にもあるからだという考えからの意見でもある。

    味わいの乏しい表現で綴られて、読んでいる最中に何も伝わってこない小説を
    手放しで面白いと評することはできない。

    ただし、構成の巧みさは秀逸なので、
    読み手によって賛否の分かれる問題作だと思う。


    ちなみに、イニシエーション・ラブの解説は以下のサイトが非常に詳しいです。
    【ゴンザの園】 謎解き『イニシエーション・ラブ』


    にほんブログ村 本ブログへ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « 爆笑問題のニッポンの教養 人工舌 都甲潔 「味のある話」|Top|K-1 WORLD MAX 2009 Championship Tournament -FINAL8- »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/100-9defabfe

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。