アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    核酸医薬品

    核酸医薬品とは、遺伝子の構成成分である核酸を構造の一部にもつ医薬品であり、
    核酸の塩基配列には、治療などの標的となる遺伝子の塩基配列の一部が用いられる。
    遺伝子を発現させて作用する遺伝子治療薬とは異なり、
    遺伝子の機能を制御することによって生体に作用する。
    核酸医薬品の種類としては、
    アンチセンス、アプタマー、デコイオリゴ、リボザイム、siRNAなどが挙げられる。

    アンチセンス医薬品は、標的遺伝子のmRNAに相補的な1本鎖のDNAまたはRNAであり、
    相補的に標的遺伝子のmRNAに結合することにより、
    翻訳を阻害したりリボヌクレアーゼに分解されやすくして、
    標的遺伝子の発現を抑制する。
    上市されているアンチセンス医薬品として、
    サイトメガロウイルス性網膜炎の治療薬であるVittraveneがある。

    アプタマー医薬品は、核酸抗体とも呼ばれる機能性高分子であり、
    抗体のように標的タンパクと特異的に結合する能力をもった核酸分子で、
    標的タンパクの立体構造のくぼみに入り、
    安定的な三次元構造を形成してタンパク質の機能を阻害する。
    上市されているアプタマー医薬品として、
    加齢性黄班変性症の治療薬であるMacugenがある。

    デコイオリゴ医薬品は、転写因子のDNA結合部位に相補的な配列を有するオリゴヌクレオチドであり、
    転写因子に結合することによって、その転写因子が制御している遺伝子の発現を抑制する。
    血中で分解されやすいことや細胞への取込効率が低いため、
    従来の二本鎖型構造からリボン型構造に改良するなどの工夫が進められている。

    リボザイム医薬品は、標的RNAに結合してRNAの加水分解反応を触媒する機能性分子であり、
    RNAを標的とすることから、ガンやHIVへの応用が期待されている。

    siRNAはRNA干渉を引き起こす短い二本鎖RNAである。
    dsRNAやshRNAなどの長鎖の二本鎖RNAが、
    ダイサーによって短鎖の二本鎖RNAとして切り出され、
    ヘリカーゼの働きで一本鎖に解離し、
    アルゴノートと呼ばれるタンパクと結合して、
    RISCと呼ばれる複合体を形成する。
    このRISC複合体が標的RNAに結合し、
    複合体中にあるアルゴノートのエンドヌクレアーゼ活性によって標的RNAが切断されるため、
    標的遺伝子の発現が抑制される。

    核酸医薬品には、作用機構の原理上、
    作用の特異性が高く、副作用も少ないと基礎研究段階では考えられていたが、
    実際に臨床研究をおこなってみると、
    非特異的な副作用も少なからず引き起こされるということや、
    ヌクレアーゼで分解されやすく、
    細胞への移行性も低いといった欠点が浮かび上がってきており、
    他の医薬品と同様に、化学修飾やDDSなどを施すことにより、
    有効性や安全性を高めることが課題となっている。


    リンク
      医薬品 記事一覧

    Twitterボタン


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ランキング参加中です。


    « チョコレートの真実 / キャロル・オフ|Top|爆笑問題のニッポンの教養 情報理工学 梶本裕之 「触ってのお楽しみ」 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/107-fbd58e3d

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。