アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冷たい密室と博士たち / 森博嗣

    冷たい密室と博士たち (講談社文庫)冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
    (1999/03)
    森 博嗣

    商品詳細を見る


    トリックに関しての仮説の設定から、
    その仮説に対する矛盾点の指摘など、
    仮説の細部に至るまで論理が適用されていて、
    物語全体が非常に細密な論理で構築されている。

    緻密な構成でありながら、
    わかりやすさと腑に落ちる感覚を与えてくれる内容であり、
    推理小説としてレベルが高く、確かな読み応えがある。

    また、よくありがちな推理小説のように、
    ちょっとした思いつきで、パッとトリックが解明されるような浅はかさがなく、
    思考に思考を重ねて、理によって推し量るという推理の味わい深さが感じられる。

    ただし「すべてがFになる」と比較してしまうと、
    どうしてもこの小説は見劣りしてしまう。
    あの作品はあまりにも秀逸過ぎた。
    そういった先入観を排せば、
    この作品はまさに推理小説の王道と評して差し支えないだろう。


    リンク
      森博嗣 記事一覧


    にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « ヒトクイマジカル / 西尾維新|Top|13歳からの論理ノート / 小野田博一 »

    コメント

    世界をまたぐ新商品開発アプリを扱っています
    エアリアル(http://www.air-real.net/)と申します。
    突然の書き込み大変失礼します!

    ブログをみて、いま開催中のキャンペーンサイトに
    すごく内容が合っていると思い、思わず書き込みしてしまいました♪
    http://mp.edita.jp/airreal/

    定期的に開運企画をしていますので、ぜひご参加ください。
    それでは、失礼いたしました!!

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/116-323fcf31

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。