アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    100gの価格が約7兆円の物質がある。

    その名もカリホルニウム。

    以下、ウィキペディアから転載。


    カリホルニウム(Californium)は原子番号98の元素。
    元素記号はCf。
    アクチノイド元素の一つ。
    超ウラン元素でもある。
    比重は、15.1、融点は900℃である。
    安定同位体は存在しない。
    物理的、化学的性質も不明な部分が多い。
    原子価は3価。

    いくつかの同位体が発見されているが、
    最も半減期が長いのはカリホルニウム251で898年である。
    原子炉内でウラン235が中性子の捕獲を繰り返して出来るカリホルニウム252は、
    半減期が2.65年である。
    このカリホルニウム252は、自発核分裂(平均3.8個の中性子を出す)するので、
    中性子線源や、非破壊検査、その他研究用に使用される。
    カリホルニウム252は原子炉建設後、最初の中性子源として利用される。
    必要量はμg単位にすぎない。
    しかしながら、仮に100gの価格を単純に計算すると約7兆円になる。

    1949年、カリフォルニア大学バークレー校の
    グレン・シーボーグ(G.T.Seaborg)、トンプソン(G.Thompson)、ギオルソ(A.Ghiorso)らが、
    キュリウム242にサイクロトロンで35×106電子ボルトに加速したアルファ粒子をぶつけて
    カリホルニウム245(半減期45分)を発見した。
    元素名は、地名であるカリフォルニア(米国)、及びカリフォルニア大学に由来する。
    そのため「カリフォルニウム」と日本語表記されることもあるが、
    学術用語集で定められた日本語表記は「カリホルニウム」である。

    原子爆弾にカリホルニウムを使用した場合、
    非常に小型化できる可能性が高いため研究されていた。
    サイエンス・フィクションなどで、個人が持ち運びできるものとして描写されている。
    『科学忍者隊ガッチャマン』
    - カリホルニウムを使用した「ペンダント爆弾」(原子爆弾の10分の1の威力がある)が登場する。
    『トップをねらえ!』
    - 人型機動兵器のマシン兵器の搭載爆弾として登場。
    『人狼戦線』(平井和正)
    - 小銃から発射する核銃弾として登場。
    『タイム・トルーパー』(小林源文)
    - 携行戦術核の様な形で登場。
    『エレメントハンター』
    - ネオQEXの動力源として登場。


    ひょえー。


    リンク
     カリホルニウム 記事一覧
     カリホルニウム - Wikipedia

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    Twitterボタン


    « 情熱大陸 田中裕二編 文字おこし|Top|勝間和代 vs ひろゆき »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/127-a38b1c94

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。