アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    すべてがFになる / 森博嗣

    すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)
    (1998/12)
    森 博嗣

    商品詳細を見る

    Amazonカスタマーレビュー


    森博嗣のすべてがFになる。面白かった。

    孤島のハイテク研究所内で、
    手足を切断されてウエディングドレスを着させられた遺体が発見される。

    被害者が幽閉されていた個室、
    ハイテク設備の監視下にある研究所、
    外界との連絡がとれない孤島、
    という三重の密室の中での殺人事件。

    孤島に訪れていた工学部の助教授と女子生徒が事件に挑んでいき、
    その恐ろしき論理と計画性が暴かれていく。

    みたいな話。

    個人的に一番面白いと思ったのは、
    すべてがFになる、というキーワード。

    この小説の核心にふれる表現でありながら、
    読まない限りこのキーワードからは絶対にその根幹には辿り着けない。

    その危うさと読んだ後に来る納得感で、
    面白さがジワリと湧いてくる。

    作者自身が工学博士ということもあって、
    その工学的な知識と論理性が、この小説に比類ない味わいと奥行きを与えている。

    理系の人とか東野圭吾が好きな人とかは、
    結構好きになれる作品だと思う。


    にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « 哲学的な何か、あと数学とか / 飲茶|Top|毎日書こう »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/16-1e4ebfeb

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。