アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    パラドックス13 / 東野圭吾

    パラドックス13パラドックス13
    (2009/04/15)
    東野 圭吾

    商品詳細を見る

    Amazonカスタマーレビュー


    P-13現象により、人々は一瞬にして忽然と姿を消す。生存者は13人。

    無人となった車や電車は衝突しあってスクラップ化し、電気ガス水道などのライフラインは全滅する。
    人により支えられていた文明の完全な壊滅。
    大地震と異常気象の連続で、
    ビルや道路は破壊され、大洪水による濁流が瓦礫を飲み込む。

    混沌に満ちた廃墟でサバイバルを強いられる生存者達。
    そこでは既存の価値観は一切通用しない。
    次々に迫りくる絶望的な現実と、次々に迫られる究極の選択。
    極限的な状況の中で、合理と感情の葛藤が描かれている。

    誠哉という登場人物の合理性が卓越していて、
    その合理性がこの物語の面白さかなと思う。
    その辺はさすが東野圭吾、という感じ。
    そして、その合理性に反するような人間の感情。
    時にそれが活路を見出したりもする。
    その辺の描き方も東野圭吾らしくて面白いと思った。

    ただ、展開が速い割に同じような展開が多く、意外性もあまり感じられなかったし、
    P-13現象の数学的・物理的説明もたいした内容ではなかった。
    期待が大きかった分、肩すかしな感じを味わってしまったことは否めない。

    映像化されたらパニック映画っぽくって結構面白いだろうと思う。


    にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « 日本文学者変態論 / 爆笑問題|Top|クビキリサイクル / 西尾維新 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/19-1d19d5db

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。