アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日本文学者変態論 / 爆笑問題

    日本文学者変態論―日本史原論日本文学者変態論―日本史原論
    (2009/03)
    爆笑問題

    商品詳細を見る

    Amazonカスタマーレビュー


    爆笑問題の日本文学者変態論。
    日本史原論の原稿をまとめたもの。

    自分と社会とのズレから表現が生まれ、
    そのズレに苦しみながらまた表現が生まれるという太田光の考え方には素直に共感できる。

    文学に詳しい太田は文学者の内面の異常さや面白さなどをよく知っているのだと思うけれど、
    残念ながらこの本では、文学者1人1人の紹介がやや短めであるため、
    文学者の経歴や作品紹介に留まってしまう場合が多く、
    太田の抱いているような文学者の変態さや破綻者ぶりというところまでは
    描ききれていないような印象を受けた。

    それでも太田が贔屓にしている司馬遼太郎、谷崎潤一郎、太宰治、
    宮沢賢治、島崎藤村、三島由紀夫などの解説は詳しいものであり、
    今まで文学に触れる機会の少なかった自分にとっては、
    文学に興味をもつためのとても良いきっかけになった。

    この本は漫才形式で書かれているのでとてもとっつきやすく、すらすら読める。
    文学者の紹介という堅苦しそうなテーマを扱っていることを考えると、
    これほど読みやすい形式はないかもしれない。

    この形式のせいで太田独特の語りみたいなものはできなくなってしまっているけれど、
    あとがきでは太田の文学に対する考えや表現に対する考えが深く語られていて、
    非常に読み応えがあるので、あとがきを楽しみにしながら読んでいくのもいいかもしれない。

    また、この本自体を爆笑問題の漫才として楽しむこともできるので、
    文学って難しそうと思っている人でも漫才を楽しむという気分で気軽に読むことができると思う。

    日本文学に興味を持ち始めている人や、太田光に興味のある人にはおすすめできるし、
    ただ単にお笑いが好きな人にもおすすめ。

    にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « 少女 / 湊かなえ|Top|パラドックス13 / 東野圭吾 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/21-5c1f5c07

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。