アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    クビシメロマンチスト / 西尾維新  再レビュー


    クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
    (2002/05)
    西尾 維新take

    商品詳細を見る

    Amazonカスタマーレビュー


    終盤の怒涛の謎解きが、それまでの心理や状況の描写に細かく鮮やかにリンクしていく。
     
    その圧倒的な数の伏線に圧倒されるような興奮を感じながら、
     
    ワクワクとゾクゾクが入り混じったような凄まじい読み応えを味わえる。
     
    歪みきった心理を緻密な論理で物語として構築した西尾維新の筆力は本当に見事だと思う。
     
    読みやすさも抜群でかなりすらすら読める。
     
    前作のクビキリサイクルと繋がる部分があるので、
     
    それを読んでいるとさらに楽しめるし、それ故の面白さが多々ある。
     
    シリーズ通して読んでみたいと改めて思わせてくれる作品。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    « 八日目の蝉 / 角田光代|Top|ガリレオの苦悩 / 東野圭吾 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/31-5831d777

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。