アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    八日目の蝉 / 角田光代

    八日目の蝉八日目の蝉
    (2007/03)
    角田 光代

    商品詳細を見る


    角田光代の八日目の蝉。
    心に感動が満ちていくような優しく切ない小説だった。

    不倫相手との子供を堕胎した女が、その男の赤ん坊を誘拐する。
    ギリギリの生活で逃亡を続けながら、
    愛した男の赤ん坊に対する強く切ない母性と、
    追われる身となった自分たちの未来に対する不安が、激しく複雑に入り交ざる。

    逃亡生活の果てに二人が歩んでいく未来が
    美しく奥ゆかしい情景の中で、感性豊かに描かれている。
    思わず笑顔にさせられるけど儚くて切ない。きれいだけれど生々しい。
    強い愛情と弱い心。不幸な人生の中に垣間見える小さくて大きな幸せ。

    母性の強さと優しさに心が揺さぶられる。感動的な小説。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    にほんブログ村 小説ブログへ


    « バダ・ハリ vs セーム・シュルト|Top|クビシメロマンチスト / 西尾維新  再レビュー »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/32-077863ac

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。