アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アジア人の定義

    アジア人の定義に関する問題。

    まずアジアという地域をどの国まで含めるのか。
    日本人の感覚としては東アジア、
    欧米人の感覚としては中東まで含めるようで、
    明確な定義はないようだ。

    加えて、アジアの地域を明確にしても、
    個人をどのような基準でアジア人と見なすのかも問題となっている。

    アジア地域で生まれた人間をアジア人と見なすのか、
    アジア外でアジア人の両親から生まれた人間はアジア人と見なさないのか、
    アジア外からアジア地域に移住してきた人間は除外するのか。

    両親がアジア人であるという条件が前提として相応しそうだが、
    すると、その両親の両親もアジア人でなければならず、
    元を辿っていくと、果たして純粋なアジア人とは何なのか、
    どの程度まで混血が許容できるのか、
    といったことも考慮されなければならず、
    アジア人の定義、それどころか人種という境界線までもが曖昧になっていく。

    すると人種差とは本来存在しない概念であるかのような錯覚さえ覚えるが、
    しかしながら人種差というものは、薬物の応答性に関しては確かに存在している。

    そう考えると、人種という概念をどう捉えればいいのか、
    アジアという幾つかの国を一括りにした概念がどの程度の意味をもつのか、
    どのような意味をもたせればいいのか、
    という難しい問題になってくる。

    まぁ現実世界の概念定義なんてものは
    ほとんどすべてが曖昧模糊であるとは言えるが。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    « ビストロSMAPで太田が渡していた本|Top|サイコロジカル(上) / 西尾維新 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/62-bc0d0fd4

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。