アアオイイエウウ

    (´・ω・`)!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    爆笑問題のニッポンの教養 刑事訴訟法 後藤昭 「やっぱりみんな有罪ですか?」

    爆笑問題のニッポンの教養。
    今回は刑事訴訟法の後藤昭氏との対談。

    起訴された人の99.9%は有罪になっているという話。
    無罪推定という原則がありながら、現状は有罪推定となっている。

    有罪になる人が多い原因の一つとして、
    裁判官が事件をパターン化して認識していて、
    提示された証拠のパターンから判決を下しているという背景があるらしい。
    法廷での検察官と弁護人の馴れ合いもあるようで、
    意外と乱暴な議論で有罪判決が下されるという現状があるそうだ。

    そのようなパターン化された馴れ合いを打破するための一つの駆動力としても
    裁判員制度は期待されている。

    模擬裁判や海外の裁判記録によると、
    法律などの専門家でない方が無罪判決を下しやすいらしい。
    素人の方が、証拠をじっくりと吟味したり、
    判決を出すのに慎重になったりして、
    無罪推定の原則が守られやすいという話だった。

    裁判員制度に参加したくない人が全体の7割以上であるように、
    自分自身も御多分に漏れず裁判員制度には参加したくはない。
    見ず知らずのどうでもいい人間が起こした面倒な事件に自分が巻き込まれるというのは
    時間も労力も極めて無駄であるように思えるし、事実無駄だろう。
    本でも読んでいた方がよほど有意義というものだ。
    個人的な利益があまりにないという現状は、
    これからも裁判員制度に対する逆風を強めていきそうな気がする。

    いまいち裁判員制度の必要性というものが感じられないし、
    実際、周知されていないと思うが、
    そういった意味でこういったマスメデイアで裁判員制度について取り上げるというのは、
    社会的に意義のあることだと思う。
    太田の語りがあまり多くなかったところが少し残念だったけれど、
    この番組では珍しく田中がよく喋っていたので、
    面白い対談だったのではないかなと思う。


    リンク
      爆笑問題のニッポンの教養 記事一覧
      爆笑問題 記事一覧


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    参考になりましたら、クリックしてもらえると嬉しいです。

    « スピリッツで太田が推薦していた本|Top|科学と非科学の間 / 福岡伸一 × 斎藤環 »

    コメント

    Re: 爆笑問題のニッポンの教養 刑事訴訟法 後藤昭 「やっぱりみんな有罪ですか?」

    突然のコメント失礼致します。
    失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
    http://sirube-note.com/public-prosecutor/

    もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
    http://sirube-note.com/public-prosecutor/link/register/
    今後ともよろしくお願い致します。
    bsDwGzKm

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://shna.blog57.fc2.com/tb.php/94-2599a32d

    Top

    HOME

    Powered By ソーシャルライブラリー

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。